安心のキャットフード選び

安いキャットフードがアレルギーの元ということになれば、やはり猫がアレルギーを起こしにくい良質な素材のみを使用したキャットフードに切り替えることが大切です。安心なキャットフードの選び方は、まずフードのパッケージの品質表示をしっかり読むようにする癖をつけることです。そこに最初に書いてある材料が最も多く使われている材料なのです。

ですから、最初に牛肉、鶏肉、サーモンなどの動物タンパク質が表示されているものを選ぶようにします。そしてコーンや大豆、米などの穀物が材料に含まれていないことを確かめます。

この二つのチェックポイントを元にして、あとは発がん性のある防腐剤を含んでいないこと、さらにヒューマングレードの肉や野菜を使用していることも大きなチェックポイントになります。これらを全て満たしているキャットフードを見つけるのは大変だと思うかもしれませんが、最近ではこういったプレミアムキャットフードがどんどん海外からも輸入されてきていますので、ネットのキャットフード専門店ではかなり簡単にバラエティー豊富なグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを見つけることができるようになっています。わからないことがあれば、プレミアムキャットフード取り扱い専門店に質問してみると良いでしょう。

《TOPIC》カナガン
グレインフリーのキャットフード販売をしています。

キャットフードによるアレルギー

猫のアレルギーの原因には、ノミやダニ、花粉やハウスダストに反応を起こす場合や、キャットフードなどの食べ物の成分が原因になる場合があります。実際にはダニやホコリが原因の場合よりも日頃食べさせているキャットフードに含まれている成分が猫のアレルギーを引き起こしていることがほとんどなのです。それは、キャットフードにはアレルゲンとなりなすい原材料が多く含まれているからなのです。

スーパーマーケットや大型量販店のペットフード売り場で積み重ねられているセール品などは確かに価格も安くて大変魅力的です。多くの飼い主さんは、こういった商品を購入しているのではないでしょうか。しかし、安価なキャットフードには大きな落とし穴があるのです。安いということは安い原材料を使用しています。それは、コーンミールや大豆グルテンなどの、いわゆるドライフードのつなぎになる材料です。

これらの原材料がキャットフードを形作るベースになっており、そこにビーフやチキンのエキスを粉末にしたものを吹きかけ、あとは防腐剤をたっぷりかけて腐らないようにして完成するのが安いキャットフードの正体です。コーンミールも大豆グルテンも防腐剤もすべて猫に取っては高い確率でアレルゲンとなってしまうものばかりです。ですから、こういった素材を使わないナチュラルフードを選ぶ必要があるのです。

猫のアレルギー症状とは?

さて、猫のアレルギーですが、愛猫がアレルギーなのかどうかは、どういうところで気がつくのでしょうか。一般的なアレルギー症状としてはいつも全身を後ろ足で引っかいていていかにも痒そうな行動を取っているとか、身体中をいつも執拗に舐め回しているとか、目の上や耳のあたりの皮膚が赤くなっているのが毛の下から透けて見えるといういわゆる皮膚に湿疹やかゆみの症状がでるタイプと、下痢や嘔吐などを繰り返すという消化器官に症状が出るタイプの2種類に分かれることがほとんどです。一部の猫では、重篤なアレルギー反応を起こしていると皮膚のかゆみと下痢や嘔吐などの症状が両方同時に現れる子もいます。

かゆみであれ下痢であれ、猫自身にとっては大きなストレスの原因になりますし、また側で見ている飼い主さんも辛いでしょう。猫のアレルギーというのは思うよりもずっと多いので、少しでも皮膚をいつも搔いていたり、舐めているなどの症状が出たら早めに動物病院で診察を受けた方が良いでしょう。

猫のアレルギー源を特定する血液検査などもできるようになったので、こういった検査を受けると正確なアレルギー診断の助けになるので積極的に検査を受けさせることをおすすめします。

キャットフードとアレルギー

今や国内では空前のキャットブームと言われるほど猫と暮らし始める飼い主さんが急増しています。猫は犬と比べると散歩の必要もありませんし、トイレトレーニングも簡単なので、仕事で忙しい人でもペットとして飼えるのが大きな魅力です。猫の寿命も人間と同様、昔よりも随分伸びてきており、15歳前後から20歳ぐらいまでの長寿猫も増えているのです。

一方で、猫の長寿に伴って人間と同じようなアレルギー症状に悩む猫も増えてきました。アレルギーと言えば、人間にしかない体質かと思っているかたも多い事でしょうが、実は猫にもさまざまなアレルギーの症状が起きることがわかってきたのです。アレルギーは特定の物質や成分などが体内に入り込むことによってアレルゲンが発生し、抗体ができあがるとその特定の成分に対してアレルギー反応を起こしてしまうというもので、メカニズムは人間も猫も全く同じだと言えます。

最近の研究では、キャットフードに含まれている成分が猫のアレルギーに密接に関わりを持っていることが少しずつわかってきました。もちろん猫によっては同じキャットフードを食べていても、アレルギーを起こす猫と起こさない猫がいます。これは猫の体質そのものに大きく影響を受けるということのあらわれです。そのため、アレルギーを起こしにくい低アレルゲンのキャットフードも各メーカーから開発販売されるようになってきたので、アレルギーに悩む猫の飼い主さんたちにとっては、まさに朗報です。このようにフード選びは愛猫の健康のためにも非常に重要なポイントとなることがわかります。